耳の病気NAVI

 >耳鳴り


耳鳴りの原因や症状、治療について。

sponsored link



耳鳴りとは?

耳鳴りとは、実際には音がなっていないにも関わらず「キーン」という音が聞こえる症状です。


耳鳴りの原因

耳鳴りの原因は血管や筋肉の障害、腫瘍など様々ですが、特に血管障害と腫瘍に関しては時に命に関わる場合もあり、耳鳴りはそのサインとして現れている場合もあります。

また、内リンパ水腫による三半規管と蝸牛の障害であると考えられているメニエール病の症状のひとつとしても耳鳴りが出ることがあります。


耳鳴りの症状

耳鳴りの主な症状としては、平穏時に「キーン」という高音域の高い音が聞こえるというものですが、それ以外にも「ザー」という音が聞こえたり、「トン、トン」という拍動性の音が聞こえたりなど、耳鳴りの症状は様々なものがあります。

また、耳鳴りを訴える患者の80〜90%は何らかの難聴も伴うと言われています。


耳鳴りの治療法

耳鳴りの治療法は、その原因によって異なります。

例えば、筋肉の痙攣が耳鳴りの原因となっている場合には抗痙攣薬の投与が行われることもありますし、血管障害や腫瘍が原因である場合には外科的手術が行われる場合もあります。

また、突発性難聴を併発している場合にはステロイドの内服や点滴、高気圧酸素療法などの治療法が用いられる場合もあります。

いずれにしても、耳鳴りがある場合にまずしなくてはならないことは原因の特定ですので、耳鼻咽喉科を受診して各種検査を行うことが重要です。

sponsored link



トップページ症状と対処法 耳の病気 耳掃除犬・猫の耳の病気 関連サイト お問い合わせ

copyright©2009〜2010  耳の病気NAVI  All Rights Reserved